怖い話

怖い話・恐怖体験・都市伝説など

【超閲覧注意】本当に怖い山での遭難事件

   

SOS遭難事件

1989年7月24日午後、大雪山系で黒岳から旭岳に向かう途中に行方不明になった東京都の登山者男性2名を捜索していた北海道警察のヘリコプターぎんれい1号が、登山ルートから外れた旭岳南方の忠別川源流部で、シラカンバの倒木を積み上げて造られたSOSという文字を発見。行方不明だった登山者2名はそこから2~3km北で間もなく無事救助された。北海道警察はSOSの文字もこの2名が造ったものと見て、救助後に事情を聞いたところ、2名とも「それについては知らない」と話した。別の遭難者がいたと見た北海道警察は、翌日改めてヘリコプターを派遣し、調査を進めた。その結果、動物により噛まれた痕のある人骨の破片とSOSと叫ぶ若い男性の声が記録されたカセットテープレコーダーなどが収容された。人骨は旭川医科大学で鑑定され、行方不明者のリストや遺留品などから1984年7月頃に遭難した愛知県江南市の会社員男性(当時25歳)と特定された。

この事件は発覚当時から様々な謎を呼んでいる。
まず1つはSOSの文字についてである。この文字は3本の以上の白樺の木を積み重ねてつくられていたのだが、この1文字の大きさは2メートルから3メートル程もあった。これだけの大きさの文字を作るのには非常に体力が必要だ。何故これだけの体力がありながらその場に留まりSOSの文字を作り続けたのだろうか。
次の謎は男女の白骨死体についてのものだ。白骨死体を鑑定した結果、1984年頃に遭難した登山者であることが判明し、また荷物から男性の身元を突き止めることが出来た。しかし一緒にいた女性については何の情報も得られず、何らかの事件に巻き込まれたものではないかとの憶測が飛び交った。

最後にテープレコーダーに残されていた男性の言葉である。テープには「がけの上で身動きとれず SOS 助けてくれ がけの上で身動きとれず SOS 助けてくれ 場所は初めにヘリに会ったところ 笹深く上へは行けない ここからつり上げてくれ」(1989年の毎日新聞記事から)と吹き込まれていた。己の体力が尽きかけても助けが呼べるよう、テープに録音しておいたと考えられたのだが、奇妙なのはこの男性が助けを求めていた場所である。先述したように、この男性がいた場所は湿原であり、近くに崖などは存在していなかった。なのに何故、テープレコーダーにこのような内容を録音しておいたのだろうか。

1996年のエベレスト大量遭難

1996年、ロブ・ホール率いるアドベンチャーコンサルタンツ隊、スコットフィッシャー率いるマウンテンマッドネス隊がそれぞれエベレストの山頂を目指していた。

 どちらも隊も「公募隊」と呼ばれるエベレストに登りたい個人が出資し、顧客としてガイドと登る隊であった。

 二つの隊は順調に高度順化を行い、最終キャンプまで辿り着く。

 一行は深夜12時最終キャンプを山頂に向けて発った。

 翌日の午後の2時までの登頂を最終ラインとしていたが、結果からすると間に合わないメンバーがいた。

 山頂に到達できなくても、午後2時になったら下山するべきだったが、メンバーの何人かは山頂を目指す。ガイドも彼らを抑止せずに山頂に向かった。

予定の時間を大幅に過ぎてしまったが、隊員は登頂し下山を開始。
 
 午後に5時頃から天候が荒れはじめた。登頂が遅くなったメンバーはこの吹雪に巻き込まれることに。

 何とか最終キャンプまで戻れた者もいたが、ガイドを含め8人が帰らぬ人となった。

ディアトロフ峠事件

ディアトロフ峠事件(ディアトロフとうげじけん)とは、1959年2月2日の夜、当時のソ連領ウラル山脈北部でスノートレッキングをしていた男女9人が不可解な死を遂げたことで知られる事件である。事件は、ホラート・シャフイル山(マンシ語で「死の山」の意)の東斜面で起こった。事件があった峠は一行のリーダーであったイーゴリ・ディアトロフ(ディヤトロフ、ジャートロフ、ジャトロフ)の名前から、ディアトロフ峠(ジャートロフ峠、ジャトロフ峠)と呼ばれるようになった。
当時の調査では、一行はマイナス30度の極寒の中、テントを内側から引き裂いて裸足で外に飛び出したとされた。遺体には争った形跡はなかったが、2体に頭蓋骨骨折が見られ、別の2体は肋骨を損傷、1体は舌を失っていた。 さらに何人かの犠牲者の衣服から、高い線量の放射能が検出された。

1月25日、この一行の乗った列車は、スヴェルドロフスク州北部の中心地イヴデリへと到着した。ここで彼らはトラックをチャーターし、イヴデリから約80kmほど北方にある有人集落のヴィジャイへと到着した。そして、1月27日、ヴィジャイからオトルテン山へ向け出発したものの、翌日にはメンバーの一人であるユーディンが、体調不良により途中で離脱している。

この時点で一行の人数は9人となり、これから先、彼らと出会った人間は存在しないため、これからの内容は、その後に見つかった日記やカメラに撮影された写真などをもとに推測されたものである。

1月31日、未開拓の原生林を北西方向に進んできた一行は、オトルテン山のふもとへと到着する。その翌日の2月1日、彼らはオトルテン山へと続く斜面を進んで行った。彼らは猛吹雪によって視界が苛まれたため、進行方向を見失い、当初のルートを大きく逸れてオトルテン山の南側にある、ホラート・シャフイル山へと登り始めていた。このホラート・シャフイル山はマンシ語で「死の山」を意味する、急斜面が続く山であり、途中で誤りに気づいた彼らは、約1.5kmほど下ったところにある斜面にキャンプを張り、一夜を越すことに決めた。

2月20日に彼らの親族の要請により、ウラル工科大学の学生と教師からなる捜索隊が捜索を開始した。その後、軍と警察が捜索隊を結成し、ヘリコプターによる大規模な捜索活動が開始された。

2月26日、捜索隊がホラート・シャフイル山で酷く損傷したテントを発見した。このテントは内側から切り裂かれており、荷物は置き去りにされたままとなっていた。捜索隊はホラート・シャフイル山のふもと付近にある森林地帯でクリヴォニシチェンコとドロシェンコの二人の遺体を発見し、大きなヒマラヤスギとキャンプの間でディアトロフ、コルモゴロワ、スロボディンの三人の遺体を発見した。

それから約2ヵ月後の5月、大きなヒマラヤスギから森林地帯の方向へ、約75mほど先にある谷の中でドゥビニナ、コレヴァトフ、ブリニョーリ、ゾロタリョフの四人の遺体が、約4mの雪に埋もれているところを発見された。

9人の遺体は広い範囲にわたって別々に発見され、グループが泊まっていたテントは内側から切り裂かれていた。

 1人の遺体は高レベルの放射能に汚染され、またグループ内で唯一人だった女性の遺体からは舌が切り取られていた。さらに奇妙に変色した遺体や眼球を失っていた遺体、内臓に致命傷を負っているのに外傷のない遺体もあり、多くの遺体は恐怖で凍り付いたように見えた。

 軍が調査を行ったが「克服不可能な自然の力」によって死亡したという謎の結論だけを残し、調査は終了。学生たちの死因は現在も解明されていないが、事故と考える人は少ない。

ジャーナリストらは、入手可能な死因審問の資料の一部が、次のような内容であると報告している。
一行のメンバーのうち、6人は低体温症で死亡し、3人は致命的な怪我を負って死亡した。
9人以外に、ホラート・シャフイル山に他の者がいた様子も、その周辺地域に誰かがいた様子もなかった。
テントは内側から切り開かれていた。
一行は、最後に食事を取ってから6時間ないし8時間後に死亡した。
キャンプに残された痕跡は、彼らが自ら進んで徒歩でテントから離れたことを示していた。
先住民のマンシ人が一行を襲撃したという説を払拭するために、ボリス・ヴォズロジデニヤ博士は、3人の遺体が負った致命傷は他の人間によるものではないとし、「非常に強い衝撃によるものであり、(その証拠に)遺体の軟部組織は何ら損傷を受けていなかった」と述べた。
何人かの犠牲者の衣服に、高い線量の放射能汚染が認められた。
発表された資料には、メンバーの内臓器官の状態に関する情報が含まれていない。

八甲田雪中行軍遭難事件

1902年(明治35年)1月に日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が青森市街から八甲田山の田代新湯に向かう雪中行軍の途中で遭難した事件。訓練への参加者210名中199名が死亡(うち6名は救出後死亡)するという日本の冬季軍事訓練における最も多くの死傷者が発生した事故であるとともに、近代の登山史における世界最大級の山岳遭難事故である。

青森第5連隊210名の大人数編成
2泊3日間の計画
少佐が編成外で随行
199名が遭難死ほぼ全滅

弘前第31連隊37名の少人数編成
11日間の長距離計画
指揮官はあくまで福島大尉
全員無事帰還

当時日本軍はロシアとの戦いにそなえ、八甲田山から三本木にいたる進軍の予行練習を行いました。青森に侵入した敵を想定して、青森5連隊には210名が配置されました。1月23日午前6時55分、雪山へ行進開始。しかし猛吹雪により道に迷い、露営するはめに。
翌日の気温はマイナス20度。吹雪の中行進を続けますが、空腹と寒気により兵士の3分の1が死亡。3日目にはさらに3分の1の兵士が凍傷にかかりました。救援の要請のために志願者が出発するも、落伍者が続出。兵士たちは瀕死の状態に陥ります。

4日目には無事な兵士はわずか10名。天候はさらに悪化。戻ってこない連隊を救護するために大規模な捜索が開始されたのはやっと1月28日になってからです。雪深い山での捜索は難航し、最後の遺体が収容されたのは5月の末でした。

遭難したのは青森隊だけで、弘前隊は途中の帰還者1名を除いて全員生還しているのです。
ルートが異なるとはいえ、なぜ同じ場所で訓練をしたのにもかかわらず、このような違いが出たのでしょう?
その理由は大きく分けて三つあります。

一つは気象条件に関することです。
当時は記録的な寒波と強風が日本全体に襲いかかっており、元々世界有数の豪雪地帯である八甲田山周辺はマイナス20℃にまで冷え込んでいたと推定されています。
ちなみにマイナス20℃というと、南極にある日本の観測基地・昭和基地の8月(真冬)の平均気温とほぼ同じです。

二つめは、青森隊の情報収集不足です。
青森隊は元々平地出身の者が多く、八甲田山周辺の気候に詳しい者はほとんどいませんでした。
しかも、地元民が上述の寒さや天候悪化を懸念して引きとめたのも案内を申し出たのも断って訓練を強行したのです。
確かにいざ実戦となれば天候悪化はむしろ好機ですから、強行したくなるのもわからなくはありません。
ですが、訓練で命を落としたら意味がないという考えはなかったんですかね。
さらに情報不足・認識不足から、青森隊は厳寒地に赴くとは思えないほどの軽装で入山したといいます。
予備の靴下や軍手すら用意せず、さらには凍傷を防ぐための知識がなかったため「ちょっと温泉入ってくる」程度の認識だったそうです。

三つめは、急ごしらえの編成による指揮系統の混乱でした。
青森隊では訓練直前に本来の階級や職務と食い違った人間が入っていたため、兵士が「誰の言うことを聞いたらいいのかわからなくなった」という軍隊としてはあるまじきことが起きていたそうです。
途中から相談もなく指揮官が交代していたともいわれています。

弘前隊はというと、この三点において全てクリアしていました。
青森隊より人数が少なかったため統率が取りやすかったということや、雪中行軍の経験者がいたことなども有利に働き、予定よりも1日遅れる程度で完遂しています。

 - Uncategorized