怖い話

怖い話・恐怖体験・都市伝説など

【心霊スポット】三重県津市中河原海岸!集団水死 36人

   

★中河原海岸

橋北中学校水難事件

橋北中学校水難事件(きょうほくちゅうがっこうすいなんじけん)または津海岸集団水難事件(つかいがんしゅうだんすいなんじけん)は、1955年7月28日に三重県津市の津市立橋北中学校の女子生徒36人が、同市中河原海岸(文化村海岸)で水泳訓練中に溺死した水難事件。

津海岸集団水死 36人

原因は現在に至るも不明で、学校プールなどの整備に対し、大きな影響を及ぼしたとされる。

この事件には、校長、教頭、体育主任が業務上過失致死で起訴され、控訴審名古屋高裁(小林登一裁判長、吉田岩窟王事件の判決で有名。成田薫、布谷憲治裁判官)で無罪が確定した

28日事件当日、水泳場設定時すでにあった流れで、平常の満ち潮だけに原因する流れとは到底認め得ないかなり強い流れ、これを裁判では「異常流」と称している。

心霊スポット

この痛ましい事故が心霊怪奇本や番組の定番となったのは、事故から8年後の1963年7月に雑誌「女性自身」が掲載した生存者の証言がきっかけとされる。

岸辺近くで泳いでいた目撃者と友人が、やや沖合で泳いでいた級友を海へ引き込む黒い影を目撃、自らも影に足をつかまれた。

黒い影はぐっしょり濡れた防空頭巾をかぶったモンペ姿の女性たちで、真っ白い無表情な顔をはっきりと覚えている。

第二次世界大戦により250余名が命を落とした時、火葬が間に合わず遺体はこの海岸に埋められたといわれている。

水難事故が発生した1955年7月28日は、ちょうど10年前に津市中心部が壊滅した空襲の日と重なっており、早くも翌56年7月29日には地元紙に空襲と水難との因縁を語る住民の様子や、生存者の「大勢の女性が【海の底】から引っ張りに来た」との談話が掲載された。

さらに、その24日空襲では火葬場も消失していたため、問題の同月28日空襲に際しては犠牲者の遺体を海岸へ埋葬したとの説まである

記録によると、事故現場付近の海岸に埋葬された無縁仏は36体。奇しくも事故の犠牲者と数が一致しており、当時は因縁を感じた人もいたようだ。

 - Uncategorized